So-net無料ブログ作成

サッカードリブル上達法 [5ステップ上達法 評価]

足も遅く運動神経も鈍いので、いつもボールを取られてばかりいたとしても、

相手をうまくドリブルでかわせるようになり、ボールをしっかりとキープできるようになります。



相手のマークがつくと、足元のボールがおぼつかなくなり、そのまま奪われる場面が多かったとしても、

2,3人のディフェンスを鮮やかに抜き去ることも出てくるほど、ドリブルテクニックを向上させることができます。




スポーツは、最終的には才能やセンスが大きな差になることは、誰もが認めるところではありますが、

少年サッカーでは、練習によって、いくらでも体格やセンスの差を埋めていくことができます。



子供にへとへとになるまで練習させるような厳しいやり方ではなく、遊びの延長で楽しく実践していける内容のトレーニングで、

実力はぐんぐんと伸びていき、体格の小さな子が大きな子供を見事にかわしていけるようになります。





サッカー経験に関係なくドリブルがグングン上達していく練習法を実践していくにはこちら




共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。