So-net無料ブログ作成

少年サッカー 練習 メニューと指導案 [5ステップ上達法 評価]


川島和彦さんの5ステップドリブル上達法は、JSC CHIBAの最強ドリブル塾の練習で採用されているトレーニング法で、

遊びの延長で楽しくサッカーテクニックを学ぶことができます。


少年サッカーのレベルでは体格の良い子供が目立ちがちですが、川島さんの指導マニュアルに書いているように、

練習内容を工夫すれば、身体能力の差をものともしないスキルをどんどん伸ばしていくことは可能で、

↓のようになることは、それほど難しいことではありません。





■相手ディフェンスの対応が間に合わないプレーができる

■ゲーム中に無駄なパスが減る

■素晴らしいゴールを決める

■体が小さい子供でもDFを上手にかわすことができる






soccerk04.jpg

サッカー経験に関係なくドリブルがグングン上達していく練習法を実践していくにはこちら







共通テーマ:スポーツ

サッカー ドリブル トレーニング基本 [5ステップドリブル上達法]



少年サッカーの指導歴25年を誇る川島和彦さんは、地元の千葉で有名なサッカークラブJSC CHIBA代表U-12監督を務め、

少年専門のトップコーチとして全国のクラブチームから注目されている人です。



指導内容の試行錯誤の末にたどり着いたのが、

5つのゲーム感覚で実践できるトレーニングによって、サッカーに必要な敏捷性などを養うことのできる5ステップドリブル上達法です。


この練習法を実践していくと、↓のような悩みも短期間で解消することができます。


■今の練習を続けてドリブルがうまくなる気がしない

■ボールがおぼつかない

■空いたスペースを有効に使えない

■狙ったところにボールが行ってくれない。





soccerk04.jpg

サッカー経験に関係なくドリブルがグングン上達していく練習法を実践していくにはこちら







共通テーマ:スポーツ

サッカードリブル上達法 [5ステップ上達法 評価]

足も遅く運動神経も鈍いので、いつもボールを取られてばかりいたとしても、

相手をうまくドリブルでかわせるようになり、ボールをしっかりとキープできるようになります。



相手のマークがつくと、足元のボールがおぼつかなくなり、そのまま奪われる場面が多かったとしても、

2,3人のディフェンスを鮮やかに抜き去ることも出てくるほど、ドリブルテクニックを向上させることができます。




スポーツは、最終的には才能やセンスが大きな差になることは、誰もが認めるところではありますが、

少年サッカーでは、練習によって、いくらでも体格やセンスの差を埋めていくことができます。



子供にへとへとになるまで練習させるような厳しいやり方ではなく、遊びの延長で楽しく実践していける内容のトレーニングで、

実力はぐんぐんと伸びていき、体格の小さな子が大きな子供を見事にかわしていけるようになります。





サッカー経験に関係なくドリブルがグングン上達していく練習法を実践していくにはこちら




共通テーマ:スポーツ

少年サッカー 練習 メニューの内容について [5ステップドリブル上達法 ない表]

JSC CHIBA代表U-12監督として20年以上のキャリアを持ち、1000人以上のサッカー少年を指導してきた川島和彦さんの5ステップドリブル上達法とは、

要点を挙げていくと↓のような感じです。




■相手をどかす体重移動の方法

■対人プレーが苦手な選手に共通した事

■お子さん秘められた才能スイッチをオンにするトレーニングのスピード

■人間心理を活かして、相手の隙を意図的に作る方法

■川島和彦の無料メールサポート







才能やセンスに恵まれていると、極端に言ってしまえばどんな練習をしてもそれなりの上達ぶりを発揮するものですが、

そういった子供はごく一部で、ほとんどの子供は練習によってスキルを地道に磨いていく必要があります。


JSC CHIBAの最強ドリブル塾では、体格が小さくで身体能力が多少劣っているような子供でも、

どんどんサッカーの実力をアップしていけるトレーニング内容となっていて、

運動神経の差をものともせずに、ドリブルテクニックを向上させていくことができます。






サッカー経験に関係なくドリブルがグングン上達していく練習法を実践していくにはこちら









共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。